ニュースリリース

導入事例
2009年07月21日

エイジア、コムテックのメール配信システム導入事例をWEBサイトに公開 ―フルフィルメントのバックエンド業務でメール配信業務を拡大―

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、証券コード:2352【東証マザーズ上場】、以下当社)は、このたび、コムテック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長:伊倉 佳紀、証券コード:9657【JASDAQ上場】、以下コムテック)様のメール配信システム「WEB CAS e-mail」のお客様事例インタビューをWEBサイトに公開しました。本事例は、約6年間にわたって当システムを利用され、徐々に用途を拡げ受託業務を拡大された好例となります。

<コムテック様 メール配信システム「WEB CAS e-mail」導入事例について>
ITサービス、マーケティングサポートサービス、データマネジメントサービス業務のアウトソーシング総合企業であるコムテック様は、2003年に当社自社開発のメール配信システム「WEB CAS e-mail」を導入されました。それ以降約6年間にわたり、コムテック様のIT製品のフルフィルメントサービス(※1)業務において、クライアント企業のカスタマーへの業務連絡およびリレーションを高めるツールとして「WEB CAS e-mail」を活用しています。

このたび当社では、メール配信システム「WEB CAS e-mail」の導入効果はもちろん、「WEB CAS e-mail」の機能が主導となってメール関連の受託業務を拡大していった経緯などについてお話を伺いました。ぜひご覧ください。

コムテック様 メール配信システム「WEB CAS e-mail」導入事例インタビューはこちらから

<統合CRMシステム「WEB CAS」シリーズについて>
企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うための統合CRMシステムシリーズです。大手企業を中心に600社以上の採用実績があり、先進的なWEBマーケティングを実践されている多くの企業に選ばれております。

■メール配信システム「WEB CAS e-mail」とは
顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいた最適なメールが配信できる One to Oneメール配信システムで、2007年度メール配信パッケージ市場(※2)においてシェア1位を獲得しています。毎時300万通という業界最速レベルの配信性能や高度なマーケティング分析機能を備え、戦略的メールマーケティング活動を実践している企業に高く評価されております。

―注釈―
(※1)フルフィルメントサービス
ECショップでの商品のオーダーから発送まで、その流れの中で発生する処理業務全般を請け負うこと

(※2)メール配信パッケージ市場
株式会社ソースポッド発行「国内メール市場分析レポート2008/メール配信市場分析レポート2008」において、メール配信パッケージ市場2007年度出荷金額シェア第1位を獲得しています。

■株式会社エイジアについて
e-CRMマーケティングシステム「WEB CAS(ウェブキャス)」シリーズをコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップでご提供する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

主な事業内容:e-CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」の開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作

設立年月日:1995年4月
本店所在地:東京都品川区南大井1-13-5 新南大井ビル13階
代表者:代表取締役 美濃 和男
資本の額:3億2,242万円
URL:http://www.azia.jp/

■コムテック株式会社について
主な事業内容:ITサービス、マーケティングサポートサービス、データマネジメントサービス

設立年月日:1976年11月
本店所在地:東京都港区芝浦1-2-1シーバンスN館10F
代表者:代表取締役会長:伊倉 佳紀
資本の額:7億6,272万円
URL:http://www.ct-net.co.jp/

●本リリースに関するお問合せ先
株式会社イジア 経営企画室 玉田 優子
Mail: azia_ir@azia.jp

■リリースダウンロード(PDFファイル