個人投資家の皆様へ

エイジアってどんな会社?

エイジアは、人から人へ想いを届け、
心を動かすお手伝いをしている会社です。

エイジアは、インターネットを活用した
マーケティングシステムを
法人・団体に提供している会社です。

インターネットユーザーなら必ず利用する
電子メールというツールを活用し、
とかく一方通行になりがちな企業/団体と
個人を双方向につなぎ、
強固な関係を構築するための支援を行っています。

組織と個人、属する世界にかかわらず、
人の思いは違います。
そして一人ひとりに適したメッセージの
届け方も違います。
変わらないのは、人が人へと想いを届け、
誰かの心を動かしたいという思いです。

私たちはお客様企業と対話し、
最適なコミュニケーションのあり方を模索しながら、
18年以上もの間、技術を磨いてまいりました。

私たちは今後も、個人個人のニーズの多様化、
グローバル化、
テクノロジーやデバイスの
進化が加速する世界を見据えながら、
お客様企業とステークホルダーの皆様との
関係構築・維持を実現するための技術を磨き、
お客様と密接にかかわりながら
「思いを届け、気持ちを動かす」ための活動を
支援してまいります。

エイジアの特徴と強み

「ぴったり、ちょうどいい。」を追求し続けてきた
ことが、
わたしたちエイジアの強みです。

受託開発ではなく、パッケージで
「ぴったり」を実現する技術を極める

企業や組織はそれぞれ違い、マーケティングシステムに求められる要件も違います。当社は、企業毎にシステムを受託開発して構築し、膨大なコストと時間をかけている業者が多い中、当社は受託開発と比べて圧倒的に安価、そしてスピーディにシステムが導入できる、パッケージシステムを企業様に納めてまいりました。

システムの導入にあたっては、企業それぞれが違うデータの持ち方をし、環境も様々でした。当社はこれに対応するため、独自のデータ連携ツールを開発することで、環境に左右されずに、また大掛かりなデータ統合をすることなくシステムが導入できるよう、お客様のコストメリットと手間を省くことを重視して開発を進めてきました。このデータ連携を実現する仕組み、ノウハウが、今の当社の強みの源泉となっています。

しかし環境に対応はできても、パッケージ製品では対応できない要件も数多くありました。その点当社は、ご要望に応じて柔軟に個別カスタマイズを行うことで、複雑なご要望を吸収して実装に落とし込む対応力、それを実現する技術力を磨くとともに、パッケージ製品への機能増強に生かしてまいりました。

時代の要請に応じて、クラウドでも
「ぴったり」のシステムを提供

近年、日本では、世界の流れとともに、企業がパッケージを資産として所有し、管理・運営する時代から、アプリケーションをサービスとして利用する、クラウドの時代に突入しました。しかし今でも、メールマーケティング、Webマーケティングの業界では、「どの会社も同じ機能を使うことが前提」のクラウドサービスがほとんどです。当社は、「それでは自社が優位性を保つのは難しい」「自分たちが思い描いている使い方にはそぐわないが、無理して利用している」とお悩みをお持ちの企業様と対話してきました。多くの企業様は、コスト面や運用面で様々なメリットがあるクラウドサービスを利用したい、という思いを持たれており、当社はそこに目を付けました。

パッケージを顧客毎に提供してきた経験、ノウハウ、技術力を生かして、「クラウドサービスなのに、個別カスタマイズや複数システムとの連携を実現する独自サービス」を展開。個別性の高い運用形態をお考えの企業様に、ぴったりのシステムを、クラウドサービスとして提供することに成功。今、着実にご利用企業様が増えてきています。

価格や利用形態においても
「ぴったり、ちょうどいい。」を追求

さらに、システムの機能だけでなく、クラウドサービスを安価に利用したい企業様に対しても、月額1万円からという安価かつ高品質なクラウドサービスのプランもご用意。価格面や規模感においても、各社様のご要望にお応えし、多様なご利用形態、そして価格帯における多彩なサービスを展開しています。

これらを実現するのは、当社がこの業界で10年以上培った、独自のデータ連携ノウハウや、カスタマイズを支える技術力、そしてマーケティングの現場のノウハウを当社にフィードバックいただくことにより、私たちとともにシステムを作り上げていただいた、お客様企業の活動の成果だと考えています。当社はこれからもこの経験とノウハウを生かして、更なる有益なシステムソリューションを提供し、お客様企業の発展に貢献してまいります。

エイジアの目指す姿

「メールアプリケーションのエイジア」から、
「eコマース売上UPソリューションを
世界に提供するエイジア」へ。

当社は、これまでお客様企業それぞれのニーズに合わせて、最適なソリューションを安価に提供し、経験とノウハウを積み重ねてまいりました。今後当社は、これらの経験を活かし、市場の発展に貢献できるのは、EC(イーコマース、電子商取引)の分野であると考えております。

ECは、当社がコア商品として提供するメール配信システムの利用が欠かせない市場であり、最も当社システムが活用されている分野です。ECの会員が多ければ多いほど、メール配信性能や機能への要求も高くなります。また、店頭での営業活動を前提としないECにおいては、当社がメールマーケティングにおいて最も重視していた「お客様一人ひとりに合わせた最適なコミュニケーション」が最も必要とされている分野といえます。

当社は今後、メールマーケティングの業界でも認められてきた実績と強みを生かし、ECの分野において広くカスタマーの心をつかみ、売上を向上させるためのソリューションを提供する企業へと、対応領域を広げて参りたいと考えております。当社は新たな領域拡大を通して、より多くのお客様企業とともに発展していくことにより、より広く社会に貢献する企業になりたいと考えています。

エイジアのサービス

エイジアは、企業がインターネットを活用して
売上アップ、
顧客満足度向上を実現するための
マーケティングプラットフォームと、
コミュニケーション支援サービスを提供しています。

アプリケーション

マーケティングコミュニケーションシステムWEBCAS

当社主力製品である
WEBCAS(ウェブキャス)シリーズは、
企業とお客様の双方向コミュニケーションを、
メールをはじめとする多様なチャネルで実現できる
マーケティングコミュニケーションシステムです。

安価かつ手軽にスタートできる
クラウドサービスのほか、
自社環境に導入できるパッケージ版もご用意。
複数データベース・他システムとの連携や、
柔軟なカスタマイズも可能です。

EC運営企業、メーカー、生命保険、
金融機関、官公庁など、
大手企業を中心に
6,000社以上の採用実績があります。

マーケティングコミュニケーション
支援サービス

業績と見通し

直近の業績(2020年3月期連結)

売上高 EBITDA 経常利益 親会社株主に帰属
する当期純利益
1,875百万円 510百万円 470百万円 320百万円
  • EBITDA=営業利益+減価償却費(有形・無形固定資産)+のれん償却費+株式報酬費用

予想数値(2021年3月期連結)

売上高 EBITDA 経常利益 親会社株主に帰属
する当期純利益
1,900百万円 435百万円 330百万円 225百万円

売上高推移(百万円)

  • 2020年3月期(25期)までは実績。2021年3月期(26期)は予想。

EBITDA (百万円)

  • 2020年3月期(25期)までは実績。2021年3月期(26期)は予想。

経常利益推移 (百万円)

  • 2020年3月期(25期)までは実績。2021年3月期(26期)は予想。

親会社株主に帰属する当期純利益推移 (百万円)

  • 2020年3月期(25期)までは実績。2021年3月期(26期)は予想。

予想数値(2021年3月期連結)

16年3月期
(第21期)
17年3月期
(第22期)
18年3月期
(第23期)
19年3月期
(第24期)
20年3月期
(第25期)
21年3月期
(第26期予想)
売上高 1,145 1,330 1,523 1,703 1,875 1,900
EBITDA 263 331 397 429 510 435
経常利益 242 291 361 370 470 330
親会社株主に
帰属する
当期純利益
161 176 236 129 320 225

配当と株主優待

配当について

新規事業投資や研究開発投資等に必要な内部留保を行いつつ、配当金による株主様への利益配分を積極的に行っていく方針です。

1株あたりの配当実績(円)と配当予想(円)

  • 2017年4月に1株を2株に分割しており、遡及修正して表示してあります。
  • 2020年3月期(25期)までは実績。2021年3月期(26期)は予想。
  • 2014年3月期は、6円の普通配当に加え、創業以来初の連結売上高10億円を上回ったことを記念して1円の記念配当を実施しております。
  • 2018年3月期は、15.5円の普通配当に加え、東京証券取引市場第一部銘柄に指定されたことを記念して2.5円の記念配当を実施しております。
16年3月期 17年3月期 18年3月期 19年3月期 20年3月期 21年3月期
(予想)
配当金額 18 25 18(うち記念配当2.5円) 20 23 25

株主優待について

株主優待制度の目的

当社は、株主の皆様の日頃のご支援に感謝申し上げるとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期的に当社株式を保有していただける株主様の増加を目的として、株主優待制度を導入しております。

株主優待制度の内容

(1)対象となる株主様
毎年3月 31 日及び9月 30 日時点の株主名簿に記載又は記録された、当社株式2単元(200 株)以上を保有する株主さまを対象といたします。

(2)株主優待の内容
当社は、株主様が保有する株式数及び保有期間に応じて、株主優待ポイントを下記の通り進呈いたします。

株主優待ポイント表

保有株式数 保有期間
初年度(年間) 2年目以降(年間)
200株~299株 2,000ポイント 2,200ポイント
300株~399株 3,000ポイント 3,300ポイント
400株~499株 5,000ポイント 5,500ポイント
500株~699株 7,000ポイント 7,700ポイント
700株~以上 10,000ポイント 1,1000ポイント
  • (注1) 2年目以降保有の判定は、3月31日及び9月30日時点の株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載又は登録されることで行います。
  • (注2) 上記株主優待ポイントは、3月31日及び9月30日いずれの基準日においても当社の株主として株主名簿に記載又は登録されている場合の年間の合計株主優待ポイント数です。よって、3月31日及び9月30日それぞれの基準日における株主優待ポイント数は上記表の半分となります。

(3)株主優待制度の利用方法及び内容
「株主優待ポイント表」に基づいて、株主さまへ株主優待ポイントを進呈し、株主さま限定の特設インターネットサイト:エイジア・プレミアム優待倶楽部(https://azia.premium-yutaiclub.jp/)において、その株主優待ポイントと食品、電化製品、ギフト、旅行・体験などに交換できます。

(4)贈呈時期
株主優待ポイントは、毎年5月上旬、11 月上旬に贈呈させていただく予定です。