2019年12月17日

エイジア、LINEメッセージ配信システムに「自社システムと連携した高度なパーソナライズ配信」を行える新APIを追加 ~LINEユーザーIDと会員情報の紐付けデータを受け取り、パーソナライズLINE配信を手軽に実現~

マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売を中心に、企業や団体のCRM運用支援を行う株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352、以下 エイジア)は、自社開発のLINEメッセージ配信システム「WEBCAS taLk(ウェブキャス トーク)」に、LINEのユーザーIDと会員情報の紐付けデータ(コネクト情報)をAPIで受け取り、パーソナライズ配信を手軽に実現する新機能を搭載いたしました。

■詳しくはこちら⇒ https://webcas.azia.jp/newsrelease/news431/