ニュースリリース

IR情報
2015年05月19日

CRMシステム「WEBCAS CRM」の企業化に関するお知らせ

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証マザーズ上場:証券コード2352、以下 当社)は、顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを簡単に実現できるCRMシステム「WEBCAS CRM(ウェブキャス シーアールエム)」の提供を平成27年5月19日より開始することを本日決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 企業化に至るまでの経緯

顧客の離反防止やロイヤル化を実現するため、多くの企業がCRM※システムを活用しています。しかし、一般的なCRMシステムは豊富な機能が搭載されている一方で、「複雑で使いこなせない」「費用対効果が良くない」といった声も多く聞かれます。

そこで当社は上記の課題を解決するため、必要な機能だけを盛り込んだシンプルなCRMシステム「WEBCAS CRM」を開発し、月額2万5千円から使える低価格なクラウドサービスとして販売することにいたしました。顧客データを高セキュリティのクラウド環境下で管理しながら、お客様一人ひとりに合ったメッセージの配信や、満足度調査などがいつでも手軽に実施できるCRM基盤を提供いたします。なおメール配信には、当社が10年以上にわたって大手企業に提供しているメール配信システム「WEBCAS e-mail」を搭載しています。

2. 「WEBCAS CRM」の概要

(1)「WEBCAS CRM」の概要

「WEBCAS CRM」は、顧客データベースの作成・運用からWeb登録フォームの作成、メール配信、SMS(ショートメッセージサービス)配信、そしてWebアンケートの作成まで行えるクラウド型のマーケティングプラットフォームです。顧客とのコミュニケーション業務に必要な機能のみに絞り、「シンプルで誰でもすぐに使えるCRMシステム」をコンセプトに開発しました。豊富なテンプレートを用意しているためデータベースやWebアンケートを簡単に作成できることはもちろん、顧客データベースを活用したOne to Oneメール配信やステップメール配信が行えるなど、本格的なCRMを手軽に実現できます。

◆「WEBCAS CRM」ご紹介ページ
→ https://webcas.azia.jp/crm/

当社は今後、複雑化したデジタルマーケティングを簡単に実行し、確実に成果を上げていくためのマーケティングオートメーション・プラットフォームを展開していく方針です。まずはあえて機能を絞った「WEBCAS CRM」を提供することで、現在充分なCRM活動ができていない企業のOne to Oneコミュニケーション活動の成功を後押しし、より高度なマーケティングオートメーション・プラットフォームの提案へとつなげてまいります。

(2)「WEBCAS CRM」の売上高への影響および今後の見通し

本件が今期の業績に与える影響は、平成27年5月11日公表の業績予想に織り込んでおります。
なお、「WEBCAS CRM」発売に伴い平成30年3月期には平成27年3月期の売上高の10%相当額以上の売上を見込んでおります。

(3)「WEBCAS CRM」販売開始のために支出する費用およびその内訳

本件のために特別に支出する費用は予定しておりませんが、今後発生が明らかになり業績予想の修正が必要と判断された場合には、速やかに開示いたします。

3.日程

決定日 平成27年5月19日
販売開始日 平成27年5月19日

(参考)当期業績予想(平成27年5月11日公表分)及び前期実績

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
当期業績予想
(平成28年3月期)
百万円
1,130
百万円
220
百万円
220
百万円
140
前期実績
(平成27年3月期)
1,031 178 181 108

【注釈】
※CRM(Customer Relationship Management)
顧客の属性や行動履歴を蓄積・管理し、それぞれの顧客に応じたきめ細かい対応を行うことで長期的な良好な関係を築き、顧客満足度を向上させる手法のこと。

●本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア
経営企画室 マネージャー 藤田 雅志
TEL : 03-6672-6788(代表) FAX : 03-6672-6805 E-mail : azia_ir@azia.jp