ニュースリリース

導入事例
2009年12月22日

エイジア、アクセラテクノロジのメール配信システム導入事例を公開 -「WEB CAS」導入でコスト削減、B to B営業力強化に成功-

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、以下 当社)は、このたび、エンタープライズサーチの専業ベンダーであるアクセラテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤 達也、以下 アクセラテクノロジ)様の、メール配信システム「WEB CAS e-mail(ウェブキャス イーメール)」導入事例インタビューをWEBサイトに公開しました。

<アクセラテクノロジ様 メール配信システム「WEB CAS e-mail」導入事例について>
アクセラテクノロジ様は、2008年4月にメール配信システム「WEB CAS e-mail」のASP版を導入、見込み客へのセミナーご案内メールや、定期メールマガジンの配信といった、法人向けメールマーケティングの仕組みとしてご活用いただいております。

今回の導入事例インタビューでは、同社マーケティングご担当者様に、メール配信システム導入の経緯、メール配信コストの削減効果、見込み客の興味度合が把握できるようになったことによる営業力・マーケティング力が強化された点など、さまざまな導入効果についてお伺いしました。
ご興味がある方は、ぜひご覧ください。

⇒ アクセラテクノロジ様 メール配信システム「WEB CAS e-mail」導入事例インタビューはこちらから

<メール配信システム「WEB CAS e-mail」について>
顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいた最適なメールが配信できる One to Oneメール配信システムです。毎時300万通という業界最速レベルの配信性能や高度なマーケティング分析機能を備え、戦略的メールマーケティング活動を実践する、多くの企業に高く評価されております。

<統合CRMシステム「WEB CAS」シリーズについて>
企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うための統合CRMシステムシリーズで、メール配信システム、アンケートシステム、メール共有管理システムなどがあります。小売、メーカー、各官公庁、金融、サービスなど様々な業種・業界の大手企業を中心に600社以上の採用実績があり、先進的なWEBマーケティングを実践する多くの企業に選ばれております。

■アクセラテクノロジ株式会社について
主な事業内容:高度情報活用サーバAccela(アクセラ)シリーズの開発・販売、 プロフェッショナル・サービスの提供など

設立年月日:2001年7月
本店所在地:東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー13F
代表者:代表取締役社長:進藤 達也
資本の額:1億4,000万円
URL:http://www.accelatech.com/

■株式会社エイジアについて
e-CRMマーケティングシステム「WEB CAS」シリーズをコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップでご提供する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

主な事業内容:e-CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」の開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作

設立年月日:1995年4月
本店所在地:東京都品川区南大井1-13-5 新南大井ビル13階
代表者:代表取締役 美濃 和男
資本の額:3億22百万円
URL:http://www.azia.jp/

●本リリースに関するお問合せ先
株式会社エイジア 経営企画室 玉田 優子
Mail: azia_ir@azia.jp

■リリースダウンロード(PDFファイル