ニュースリリース

導入事例
2008年05月20日

SBIアクサ生命、エイジアのアンケートシステムを活用し初のキャンペーンを開始

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:江藤 晃、以下当社)は、統合CRMシステム「WEB CAS」シリーズのアンケートシステム「WEB CAS formulator」を、日本初のインターネット専業生命保険会社・SBIアクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村 真輔、以下SBIアクサ生命/現ネクスティア生命保険株式会社)に提供いたしました。同システムは、同社が実施するキャンペーンの受付システムとしてご利用いただいております。

<SBIアクサ生命について>
SBIアクサ生命は、戦略的事業の革新者として金融の枠を超えた総合企業へと進化するSBIホールディングス株式会社、世界最大級の保険グループ、アクサグループの一員であるアクサ ジャパン ホールディング株式会社、デジタル情報革命を先導する総合デジタル情報カンパニーのソフトバンク株式会社の出資により設立された、日本初のインターネット専業生命保険会社です。同社は、インターネットを最大限に活用することで運営コストを徹底的に削減し、業界最低水準の保険料と充実の保障額を実現しています。

<SBIアクサ生命『家計フォローキャンペーン』について>
SBIアクサ生命では、5月20日より『家計フォローキャンペーン』を展開することとなりました。

今回のキャンペーンは主婦層を主なターゲットとしており、同社の定期保険「カチッと定期」および医療保険「カチッと医療」を新聞折込チラシやホームページ上で紹介してまいります。

●『家計フォローキャンペーン』概要
期間:2008年5月20日(火)~30日(金)17:00
対象:期間中新規に試算結果保存を行ったうえでキャンペーンに応募された方
景品:抽選でオーベルジュ(宿泊施設付きのレストラン)1泊2日(1組2名様)、フラワーギフト(50名様)

<アンケートシステムの採用について>
同社では、上記キャンペーンを実施するにあたって、機動的に申込みフォームが作成できるシステムの採用を検討しておりました。そこで各社製品と比較検討の結果、HTML等の知識がなくても簡単にフォームが作成できる点や、金融関連企業やSBIグループ企業内の導入実績に評価をいただき、このたび当社のアンケートシステム「WEB CAS formulator」をご採用いただきました。
SBIアクサ生命では、今後キャンペーンを開催する際、当社システムを継続して活用する予定です。

<統合CRMシステム「WEB CAS」シリーズについて>
当社自社開発製品である「WEB CAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うための統合CRMアプリケーションソフトウェアシリーズで、大手企業を中心として約400社に採用実績があります。

アンケートシステム「WEB CAS formulator」とは
アンケートシステム「WEB CAS formulator」は、HTMLやプログラムの知識が無くても、アンケートフォーム、資料請求フォーム、登録フォームなどを簡単に作成できるWEBア ンケートシステムです。収集した情報をデータベースに蓄積し、リアルタイム集計からクロス集計などが行える高度な分析機能も備えています。

■SBIアクサ生命保険株式会社の概要
主な事業内容:生命保険業
設立年月日:2006年10月
本店所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
代表取締役社長:木村 真輔
資本の額:75億円(内資本準備金37億5,000万円)
URL:http://www.sbi-axa.co.jp/

■株式会社エイジアの概要
主な事業内容:統合CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」の開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作

設立年月日:1995年4月
本店所在地:東京都品川区南大井1-13-5 新南大井ビル13階
代表者:江藤 晃
資本の額:3億2,242万円(2007年3月末現在)
URL:http://www.azia.jp/

■本リリースに関するお問合せ
株式会社エイジア 経営企画室 玉田 優子
TEL: 03-5753-0848 Mail: azia_ir@azia.jp