社員インタビュー

「お客様の本当の問題点はどこか」「どうしたら
良くなるか」。エイジアのコンサルティング営業職は
“考えて、提案する”仕事です。

コンサルティング営業部(K.S)

2009年中途入社
理工学部経営システム工学科出身

IT業界に興味を持ったきっかけは何ですか?

前職で一斉メール配信システムとアンケートシステムを操作する機会があったことがきっかけです。その職場では当初、大勢の人へ紙のアンケートを郵送し、回収した結果を一件一件手入力でデータにしそれを分析する、という業務を多くの時間や労力を掛けて行っていました。しかしそれらのアンケート業務をシステム化したところ、アンケートはメールで簡単に送れるようになり、アンケート結果もワンクリックで自動的に回収・集計までされるようになるなど、今まで掛かっていた時間や手間が大幅に削減されました。そういった変化を目の当たりにしたことで、システムの威力に気づき、IT業界に興味を持ちました。

数多くあるIT企業の中から、エイジアに入社を決めた経緯を教えてください。

もともと、課題に対し自分なりに考え解決策を探っていく過程が好きだったので、商品をただ“売る”のではなく、その商品を通してお客様の課題解決方法を“提案する”、そんな営業がしたいと思っていました。一般にシステムというものは“業務効率化”や“売上アップ”、“顧客との関係構築”といった課題解決の一つの手段として導入されるので、システムを扱う会社であれば自分のしたい営業ができると考えました。メールやアンケートのシステムが商材であれば、自分の前職の経験も活かせると思い、これらのマーケティングツールを扱っている会社に絞り転職活動を行っていたところ、エイジアに出会いました。

エイジアへ直接連絡をし、営業として実際に働く社員の方に話を聞く機会をいただきました。そこで、エイジアの主要製品であるWEBCASが幅広い業界に導入実績がある点や、機能面や性能面でも優れておりあらゆる課題に対応できることを知りました。ここであれば“お客様へ解決策を提案していく”という、当初やりたかったことができると確信し、エイジアへの入社を決めました。

実際に入社してみてどうでしたか?

最初は何をどう聞けば良い提案ができるのかわからず、定型化された質問ばかりをしていたため、お客様の問題も曖昧なままでありそうすると当然、最適な解決方法も出てきませんでした。しかし営業経験を積み、自社のシステムについて知識を深め、相手の視点に立つということを強く意識することで、次第に「お客様が抱えている本当の問題はこういうところではないか?」と推測しながら質問ができるようになってきました。お客様の問題を明確化し、今何をどうすべきか、という課題をはっきりとさせ、解決への道筋を一緒に整理していくのが営業の役目であり、エイジア入社前にやりたかったことが今は多少なりともできていると感じています。

これまでで最も印象に残っているプロジェクトはありますか?

大手自動車会社さんのプロジェクトが印象に残っています。数十社で競い合うコンペ形式のプロジェクトだったこともあり、最初のヒアリングから「エイジアさんにお願いします」と言っていただけるまで、約半年かかりました。その間、お客様からの問いに一つ一つ丁寧に対応することはもちろん、提案する内容についても「どうしたらお客様の負担を軽くできるか」「提供できる付加価値は何か」という点をとことん考えました。お客様と全国に数百万人いるその会員の方々がコミュニケーションをとるためのシステムとなるため、お客様が実現したいことも多く、要求される性能や、セキュリティ面のレベルも高かったです。社内外を問わず多くの人と調整し、やっとのことで一つの提案を出すことができました。考え抜いて出した案に対しお客様がご賛同くださり、エイジアをパートナーとして選んでくれた時の嬉しさは、今でも鮮明に覚えています。

このプロジェクトを通し、自分に自信と度胸が付いたように思います。大型のプロジェクトになるほど、提案する上で考慮しなくてはいけない点や様々な立場の人と話をし、交渉する場面が増えますが、「なんとかなる!」という心構えでどんなプロジェクトに挑めるようになりました。むしろ「どうやったらお客様が喜ぶだろう」と考えるこの仕事が、一層楽しくなってきましたね。

今後の目標は?

チーム全体で成果を出すことが目標です。そのためにどんどん入ってくる後輩を、立派な営業マン・営業ウーマンに育て、強いチームを作っていきたいです。情報過多と言われている昨今、“その人に本当に必要な情報を、いかに届けるか”が課題となっています。課題があるということは、会社として取り組めるテーマがあるということ。エイジアが力となれるお客様はまだまだ沢山いるので、一緒に頑張りたいです。

INTERVIEW