沿革

1995年4月 ホームページ制作(クリエイティブ事業)を目的として資本金1,000万円で東京都品川区大井に株式会社エイジア設立
1997年6月 ウェブサイトの受託開発(ソリューション事業)を中心とした事業を開始
1998年6月 業務拡大に伴い、本社を東京都品川区東大井に移転
1998年8月 一般第二種電気通信事業者取得
1999年5月 中小企業事業団より「平成10年度課題対応新技術研究調査事業委託企業」に認定されたことにより、「WEBCAS」の本格的な研究・開発(ウェブキャス事業)を始める
2000年4月 本社を東京都品川区東品川に移転
2000年10月 中小企業ベンチャー総合支援センターより「専門家継続派遣事業に係る専門家派遣企業」に認定される
2001年10月 メール配信システム「WEBCAS e-mail」(※1)を発売
2002年2月 WEBアンケートシステム「WEBCAS formulator」(※2)を発売
2002年6月 「WEBCAS」 ASP事業を開始
2002年11月 東京都産業労働局より、中小企業経営革新支援法第4条第3項の規定に基づき「経営革新計画企業」の承認を受ける
2002年12月 データアクセスツール「WEBCAS connector」(※3)権限管理システム「WEBCAS manager」(※4)を発売
2003年1月 日本証券業協会のグリーンシート エマージング銘柄に指定される
2003年11月 メール配信ソフト「WEBCAS PC版」を発売
2004年2月 「WEBCAS」のホスティングサービスを開始
2004年10月 中小企業基盤整備機構より「ビジネスアイデア支援モデル事業」に認定される
2005年5月 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JISQ15001)を満たす企業として、プライバシーマーク付与の認定を受ける
2005年10月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2005年12月 携帯電話向け高速メール配信エンジン「WEBCAS Mobile Express」(※5)を発売
2006年3月 創業・ベンチャー国民フォーラム(中小企業庁委託事業)主催のベンチャーの祭典「Japan Venture Award 2006」において「起業家部門 奨励賞」を受賞
2006年4月 株式会社東京テレマーケティングと合弁で、当社連結子会社となる株式会社エイジアコミュニケーションズを設立
2006年5月 業務拡大に伴い、本社を東品川4-12-6 品川シーサイドフォレスト 日立ソフトタワーに移転
2006年10月 メール共有管理システム「WEBCAS mailcenter」(※6)を発売
2007年10月 情報共有型CMS「WEBCAS creator」を発売
2008年2月 子会社株式会社エイジアコミュニケーションズを解散
2008年4月 製造部門3事業部(ウェブキャス事業部、ソリューション事業部、クリエイティブ事業部)をICTソリューショングループとして統合
2008年4月 本社を東京都品川区南大井に移転
2009年3月 「WEBCAS」シリーズの新たな提供形式として、統合マーケティングサービス「WEBCAS SaaS」(※7)を発売
2010年3月 アンケートシステム高機能版「WEBCAS formulator PRO」を発売
2010年5月 本社を東京都品川区西五反田に移転
2011年1月 チャイナテレコムブランドのSaaSサービスとしてメール配信システム「WEBCAS e-mail」の中国市場本格進出が決定
2011年4月 写真素材販売サイト「PhotoStock(フォトストック)」をオープン
2011年4月 ベトナムで事業展開する株式会社アジアビジネスインベストメントに出資の上、ベトナムでのテストマーケティングを開始
2011年5月 EC向けおねだり機能「おねだり上手」提供を開始
2012年3月 CRESCERE(THAILAND) (※8)と「WEBCAS」独占販売契約を締結し、タイへ進出決定
2012年11月 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001」の認証を受ける
2012年12月 CRESCERE(THAILAND)(※8)とマレーシアにおける「WEBCAS」独占販売契約を締結し、マレーシアへ進出決定
2013年9月 株式会社FUCAを子会社化
2013年12月 通知メール販促システム「WEBCAS marketing receipt」(※9)を発売
2014年6月 データベース作成システム「WEBCAS DB creator」(※10)を発売
2014年6月 電子レシートメール送信サービス「レシートメール」(※11)を発売
2015年5月 SMS配信システム「WEBCAS SMS」を発売(※12)を発売
2015年5月 CRMシステム「WEBCAS CRM」(※13)を発売
2015年11月 セグメント抽出型LINEメッセージ配信システム「WEBCAS taLk」(※14)を発売
2015年11月 本社を東京都品川区西五反田7-20-9に移転
2015年12月 DM印刷・配送サービス「WEBCAS DM」(※15)を発売
2016年6月 感性分析型テキストマイニングシステム「WEBCAS Sense Analyzer」(※16)を発売
2016年6月 マーケティングオートメーション「WEBCAS Auto Relations」(※17)を発売
2016年8月 東京証券取引所 市場第二部に市場変更
2017年12月 東京証券取引所 市場第一部に市場変更
  • (※1)「WEBCAS e-mail
    TEXT、HTML、モバイルを問わず、「WEBCAS connector」で複数のデータベースと自由に接続して顧客情報を参照し、顧客に合った最適なアプローチからフォローアップ等のメール配信を行えるシステムです。
  • (※2)「WEBCAS formulator
    HTMLやプログラムなどの高度な知識が無くても、ホームページでのアンケート、資料請求、登録などのフォーム入力ページを簡単に作成できるウェブアンケートシステムです。
  • (※3)「WEBCAS connector
    企業内に分散している複数のデータベースと「WEBCAS e-mail」を簡単且つ自由に接続できるデータアクセスツールです。
  • (※4)「WEBCAS manager
    「WEBCAS」シリーズすべての各機能についての権限をオペレータ毎に設定し、一元管理できるアプリケーション・システムです。
  • (※5)「WEBCAS Mobile Express
    特にモバイル向けに効果を発揮するEメール配信システム。Eメールを受け取ることを承諾している顧客に対し、高速でEメールを配信します。
  • (※6)「WEBCAS mailcenter
    メールやウェブ入力フォームからの問い合わせを複数人や部署単位で共有管理して、顧客への適切な対応を実現するシステムです。
  • (※7)「WEBCAS SaaS
    「WEBCAS」シリーズのSaaS型サービスモデル。既存のデータベースとの連携や柔軟なカスタマイズに対応しており、サーバ等の管理・運用費やライセンス費用等のコストを削減しながら、企業の業務プロセスに適合したサービスが提供できる。対象アプリケーションは、メール配信システム「WEBCAS mailcenter」、アンケートシステム「WEBCAS formulator」、メール共有管理システム「WEBCAS mailcenter」。
  • (※8)当時の社名はRnA International
  • (※9)「WEBCAS marketing receipt
    ECシステムなど業務システムから送信される自動通知メールにオススメ情報などを盛り込むことで、販促機能を付加できるクラウドサービスです。
  • (※10)「WEBCAS DB creator
    データベースやWebフォームの作成、顧客情報管理が行える、顧客管理システムです。メール配信システムやアンケートシステムと連携し、マーケティングコミュニケーションプラットフォームとして活用できます。
  • (※11)「レシートメール
    店頭で発行されるレシート情報を電子メールで送信できる、電子レシート送信サービスです。メールにはセール情報やクーポン情報などの差し込みが可能で、さらなる販売促進につなげることができます。
  • (※12)「WEBCAS SMS
    スマートフォンやフィーチャーフォンなどのモバイル端末に、短文のSMS(ショートメッセージ)を配信できるサービスです。
  • (※13)「WEBCAS CRM
    顧客データベースの作成・運用から、Web登録フォームの作成、メール配信、SMS配信、Webアンケートの作成まで行えるクラウド型のマーケティングプラットフォームです。
  • (※14)「WEBCAS taLk
    LINEビジネスコネクトを活用し、顧客データベースと連動したLINEでのセグメント抽出型メッセージ配信を実現するサービスです。
  • (※15)「WEBCAS DM
    インターネット上から DM(ハガキ・封書)作成から郵送までを行える DM 配送サービスです。
  • (※16)「WEBCAS Sense Analyzer」
    Webアンケートの自由記入回答データ、コールセンターや問い合わせ窓口に寄せられる問い合わせ、SNSなどの投稿等のテキストデータを分析できるテキストマイニングシステムです。
  • (※17)「WEBCAS Auto Relations
    ユーザの行動に基づいた効果的なマーケティング・コミュニケーションを自動で実行できる、B to CのEC事業者向けマーケティングオートメーション・プラットフォームです。